看護師 転職回数

看護師の転職回数は?

意外にも看護師の転職回数に対する病院側の認識は比較的に甘く、平均勤続年数が3年になるようでしたら問題ではありません。
一般的に、転職の回数が増えれば増えるほど転職が困難になる傾向ではありますが、看護師という職種では、転職を10回以上経験している方もいらっしゃるようです。
現状、全国的に看護師が不足していますので、条件に変にこだわらなければ、転職回数が原因で転職が出来なかったということはほとんどないそうです。
ですが、20代の看護師であれば2〜3回、30代の看護師であれば3〜4回というのが不利にならないボーダーラインといえます。
転職にも様々な理由があります。たとえば、勤め先が経営難でつぶれてしまったり、結婚による引っ越し等での転職など、やむおえない理由であれば不利にはなりません。
病院側の採用担当の方のほとんどは、転職の回数自体よりもそれぞれの機関とやめた理由の方を重要視しますので、きちんとした理由の転職であったり、きゃりアップをしてきた方であれば転職回数が不利どころかプラスに評価されます。
ですが、過去に多数の転職経験があり、そのほとんどが人間関係によるものだとしたら、それは今までの職場に問題があるというよりも、その人自身に問題があるのでは?と思われてしまう可能性が高くなります。
安易な理由で転職を短期間で繰り返してしまうと、全国的に看護師不足といわれてても転職しにくくなってしまうので注意しましょう。