看護師 年収

看護師の年収

よく、看護師の年収が高いと言いますが、実際のところどうなのでしょうか?

 

看護師の給料は、一般的な職業に比べてどの世代でも高い傾向にあります。
勤務先や地域によって差があるので一概には言えませんが、看護師の平均月給は30万円前後、ボーナスは50〜100万円で、平均年収は450万円ほど言われています。

 

また、過去10年間の看護師の年収推移比較してみても、労働者の年収が右肩下がりなのに対し、看護師の年収は横ばいに推移しています。
このことから、看護師の年収は他の職業と比べても景気による変動がなく、高水準で安定しているといえます。

 

看護師の給料を引き上げている要因はさまざまな手当てにあります。
看護師の給料の手当てには、夜勤手当、休日手当、認定看護師手当などがあります。
その中でも大きい額なのが夜勤手当です。多いときは3万円以上つくこともあります。また、昼間の勤務でも日曜、祝日、お正月に出勤をした場合は休日手当がつきます。認定看護師等の資格を取得するとそれに対しての手当てもつきます。
逆に夜勤や休日出勤をしない場合は手当がほとんどないので、その場合のお給料は一般的な職業よりも少しいいくらいと考えていいでしょう。
ですが、これも事業所によって異なりますので一概には言えません。
クリニックの場合も、休日、夜勤の手当てがつかないと考えていいでしょう。